奈良デザイン協会のロゴ・コンセプト

奈良デザイン協会の頭文字の「N」をモチーフに、奈良・若草山を飛び跳ねる鹿をイメージしました。 元気に飛び跳ねる若草色の鹿は、奈良の未来に夢と希望を与えます。 様々なジャンルのクリエイターが集う奈良デザイン協会は、デザインを通して奈良の飛躍のために貢献したいと考えます。

Design 大西 治雄


  • ■協会設立の趣旨と歩み

    奈良デザイン協会は1986年11月29日に発足しました。 今に残された、優れた景観を保存し、かけがえのない 美しい緑を護りながら、奈良を新しく、力強く、もっと良くしたい。 そのためには、文化・景観・産業振興に、広くデザイン活動が 不可欠であるとの意識が募り、県内の有志デザイナーが、 周到な準備のもとに協議して創立しました。 発足以来、奈良県・奈良市・県内各行政機関や、その関連機関、 県内各企業と取り組み、協力し、着々と実績を重ねた結果、 次第に当協会の活動と存在が、認められてきました。


    ■協会の使命と役割

    奈良デザイン協会には、いろいろな使命と役割がありますが、次のように大きく二つに分けることができると考えています。 その一つは、 会員各位の日常のデザイン活動に、何らかの貢献をすることが、もっとも重要な協会の目的であるとおもいます。 「会員相互の交流を密にし、デザイン理念の研究確立・専門領域をこえての情報交換・研鑽・知識の普及・親善・PR・感性の向上などに役立つこと」が、NDAの組織の維持と自律的発展にとって何よりも大切です。 もう一つは、協会の公的な役割です。広く各分野にわたる専門家集団の力と、そのネット−ワ−クを発揮して、地域社会の環境改善と、開発保存に関する、意見発表や提案。産業に協力貢献することを通じて、生活にプラスすることであります。 これは、行政・地場産業・関連分野と、密着に交流しながらの、提言・助言・企画立案が主な活動になります。


    ■参加と協力を

    これらの協会の活動は、会員各位の参加と協力をえてこそ成立します。 そのために常に目的達成と活性化を図って、会勢を高め、より良い運営組織の構築を検討しています。飛鳥、天平の文化遺産を受け継ぐ奈良の、今日と明日の生活と、デザインのために、ひとりでも多く入会していただいて、ご一緒に活動してくださることを願っています。


    ■入会申し込み方法(個人会員)

    <入会資格>
    1、奈良に何らかの関わりがあり、デザインに関心があること。
    2、NDA会員1名以上の推薦者が必要。
    3、規定の会費納入が可能な方。

    <会 費>
    ○正会員  年会費 10,000円
    ○賛助会員 年会費 20,000円 (一口)
    ※毎年3月末を年度末とし、4月1日を年度初めとします。
     (但し、10月以降の入会は、5000円とします。)
    ※入会金は有りません。
    ※賛助会員のお申込みは事務局までご連絡ください。   

    <入会希望者は>
    ●お名前
    ●自宅住所/電話fax / 携帯電話
    ●勤務先/勤務先住所/電話fax
    ●メールアドレス
    ●専門分野
    ●推薦者
    ※上記内容を郵送、FAX、E-Mail(本サイト「協会への連絡」から)のいずれかの方法で事務局までお申し込みください。
    事務局より会費の振込先を連絡をしますので、入金が確認され次第入会となります。 同時に、メーリングリストに登録をさせていただきます。

    ※賛助会員のお申込みは事務局までご連絡ください。

    ■事務局および連絡先
    奈良デザイン協会
    〒630-8334 奈良市脇戸町20-1
    E-mail:nda@naradesign.org
    メールお問合せ


    ■会勢 (2015年7月現在)

    顧問 荒井正吾 (奈良県知事)
    顧問 仲川げん (奈良市長)
    会長 中川佳英子  
    理事 6名  
    監事 1名  
    会員 28名  
    賛助会員 3社 (株)明新社
        (株)瓦道
        (株)epo

    ■会員専門分野
    プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、パッケージデザイン、インテリアデザイン、ディスプレイデザイン、
    テキスタイルデザイン、ファッションデザイン、WEBデザイン、ジュエリーデザイン、クラフトデザイン、
    エディトリアルデザイン、イラストレーター、アニメーター、写真・ 映像、建築・店舗デザイン、カラーデザイン、
    コピーライター、デザインマネージメント、絵画、彫刻、工芸、デザイン教育